ニュース
 
第9回同窓会入会式での会長挨拶
 
2月27日に平成26年度の同窓会入会式が行われ、同窓会会長の戸澤奈央さんからのメッセージが3年生の前で披露されました。

9期生の皆さん、こんにちは。同窓会会長の戸澤奈央と申します。
あと数日でこのなぎさ高校を卒業し、私たち同窓生の仲間入りをする皆さんに、ご挨拶をさせていただきます。

ようやく卒業を直前に控えた皆さんに「これからなぎさ高校の同窓生として母校と後輩たちをサポートしていこう!」と呼びかけても実感できないと思います。そこで少し簡単に同窓会の事を皆さんにご紹介したいと思います。
事のはじまりは2009年の夏です。1期生と2期生の数名が集まって、準備委員会を立ち上げ、同窓会の設立準備を進めましたが、その過程で同窓会の名称を“波瀲(なぎさ)会”と決定しました。3年間皆さんが身につけた体操服の背に書かれたあの文字です。
大きな活動としては今までに2回、校内で同窓会総会と懇親会を行いました。BBQやケータリング、懐かしい映像にビンゴゲームや縁日を企画し、年齢差のある同窓生が学年を越えて先生方とひとつになって楽しい時を過ごしました。
同窓会の役員になると一層深く関わっていくことができます。例えば、懇親会で皆が楽しみ、盛り上がるようにするために工夫を凝らした企画を考えたり、当日出席できない先生方からビデオメッセージをいただいたり・・・など、自分たち自身の手で作り上げていく喜びを実感できます。
また、役員として昨年度は10周年記念式典にも出席しました。母校の10周年を祝う記念式典にはたくさんの同窓生が駆けつけ、社会で活躍している姿を披露してくれました。
これからも皆さんはなぎさ高校に関わっていく機会がたくさんあります。同窓会では自分たちの学生時代を懐かむだけではなく、卒業した後には、こんなに胸がワクワクするような、瞳がキラキラ輝くような、いろんな可能性が広がっているんだということを後輩たちに伝える立場になって欲しいのです。
同窓会そのものは、歴史が浅くまだまだ未熟ではありますが、必ず卒業生のみんなが誇れる波瀲会を築き上げていきたいと思います。
そのためには、これから同窓生となる皆さんの協力が必要です。私たちの活動に興味がある方は、ぜひとも声をかけてください。

最後になりますが、皆さんがなぎさ高校の3年間で経験したことや、出逢った友人たちやお世話になった先生方の存在は、きっと皆さんの今後の成長の励みになるはずです。なぎさ生として過ごした日々を胸に、これからの新しい環境に全力でチャレンジしてほしいと思います。
皆さんのご健康と今後のより一層のご活躍をお祈りしております。

平成27年2月27日 同窓会会長 戸澤 奈央